風俗嬢との決戦

受け身になって性癖を満たしてくれた風俗嬢

自分の彼女はどちらかというとかなり攻撃的で男性をいじめるのが好きらしい。でも、俺はドエムってわけでもないし女の子が感じている姿を見て興奮するから、彼女とのエッチはあまり相性が良くない。そこで、自分好みのエッチをするためにデリヘルに電話をかけてみた。自分好みのプレイができる風俗嬢がいないかデリヘルのホームページを探してみると、女の子って基本的に襲われる側の人がほとんどなので、在籍している女の子のほとんどが希望プレイに対応できると言われた。結局、俺の彼女が異常なだけでごく一般の女の子とは普通にエッチができるということだった。俺はショートヘアーで明るそうな感じの風俗嬢を指名した。彼女とならすごく楽しくエッチができそうだし、顔も体型もかなり好みだった。シャワーを浴びている最中から軽いラブラブプレイが始まって、少しずつ過激になってくるとバスルームでは狭くなったからベッドに移動。それからは、電気を消して想像以上にいやらしいプレイを楽しむことができた。